賃貸解約 家賃編


新しい部屋に引っ越す場合に発生するダブル家賃!!
解約予告にはいくつかのパターンがある。

最も一般的なのは、新しい部屋を決めて契約した時点でいま往んでいる部屋の貸し主に解約予告を行うケースです。
新しい部屋を決めてから出るというパターンです。
この場合は、新しい部屋は契約が成立した時点で家賃が発生します。

一方、いま往んでいる部屋は、告知期間を1ケ月とすれば、解約予告をしてから1ケ月は家賃を払わなければいけません!!

ようするに、新しい部屋を決めてから出る場合は、古い方の部屋も合わせて二つの部屋の家賃が解約予告の告知期間の分だけダブルでかかってきます。
このダブル家賃は引っ越しの最大の難問の一つで、これにいかに対処するかは引っ越しの収支を大きく左右します。
たとえば、次の入居先を新築物件にするという手もあります。
新しい部屋を決めてから出るという通常の解約予告のパターンでは避けて通れない告知期間のダブル家賃が発生しないのである
この方法は既存の物件でも入居者の退出時期があらかじめ早くからわかっている場合は利用可能で、新築物件と同様に告知期間のダブル家賃を回避することができます

posted by masa at 10:16 | 賃貸解約

賃貸解約2


賃貸借契約の解約予告の告知期間を守らないとペナルティを課されても文句が言えないですね。
解約予告は「1ケ月前まで」というケースが多いため契約書の確認もしないで「部屋を出るときは1ケ月前までに言えばいい]と勝手に思い込んでいる人が少なくない。
これは確認しておかなければ非常に危険です。
たとえば契約書の解約予告の告知期間が「3ケ月前まで」となっているのに1ケ月前になって解約予告をした場合は、通常、3ケ月−1ケ月で差し引き2ケ月分の家賃がペナルティの差額として請求されます。     
ここれは契約書にしたがって解約予告がなされれば、本来、貸し主が手にできたはずの家賃で、「払え」と言われたら拒否するわけにはいかないでしょう。
引っ越しは何かと物入りだけに、このペナルティによる出費は痛いです。
賃貸借契約の解約予告の告知期間には目を通す必要があります。
契約書に告知期間の定めのない場合は3ケ月前までに予告する
賃貸借契約書には解約予告の告知期間が記載されているはずだが、万一記載のない場合は3ケ月前までに解約予告を行う必要があるます。
これは民法の「賃借人は特別の取り決めがない限り3ケ月前に予告すること」という規定にによってです。


posted by masa at 09:37 | 賃貸解約

賃貸の解約

賃貸借契約の解約予告を行う場合の注意事項として、引っ越しが決まったら、まずやらなければならないのが、いま借りているアパート・マンションなどの賃貸物の貸し主(大家)に「引っ越すので借りていた部屋を出ますよ」旨の連絡をすることです。
これを賃貸借契約の解約予告といいます。
解約予告は賃貸借契約に基づいてきちんと行わないと思わぬ失敗をすることがあるので注意が必要ですね。
解約予告のポイントを押さえておく事でトラブルを未然に防ぐ事ができますので知っておきたい事柄です。
貸し主(大家)への解約予告のポイントをまとめるまとめておきました。参考にして下さい。
解約予告の告知期間を必ず確認しておくことが大事です。
アパート・マンションなどの賃貸借契約書には「部屋を出るときは○ケ月前までに申し出なければならない」という解約予告の告知期回が必ず記載されている。
この解約予告の告知期間は、一般的には「1ケ月前まで」というケースが多いが、なかには「2ケ月前まで」「3ケ月前まで」としている物件もあります。
引っ越すときはいつまでに解約予告をすればいいのか、もう一度契約書をよく読んで告知期間を確認しておく必要があります。

posted by masa at 00:32 | 賃貸解約

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。